スクエアサブウーハーでの特許技術を数多く有するKICKERが最新のデザイン・技術を採用し、新たなL7が完成しました。
それらが評価され、イノベーションアワードを獲得した実績があります。

//Q-CLASS L7サブウーハーの特徴//

  • 振動板
    より多くの空気流動を発生させるべく、振動板の剛性をさらに高めております。
  • モーター構造
    特大のマグネットが正確なボイスコイル制御を可能にし、フィン付きのアルミボイスコイルヒートシンクがストレスのかかったボイスコイルの発熱を効果的に拡散します。
  • エッジ
    KICKERの特許技術であるステッチドサラウンドとリブエッジ構造を採用これらを採用することで、経年使用でのエッジと振動板の剥離とストロークの歪みを防ぎます。

L7™ SUBWOOFERS

ModelSize
(cm)
ImpedancePower Handling
(Watts RMS)
Sensitivity
(dB 1W/1m)
Frequency
Response
Mounting Depth
(cm)
Mounting Cutout
(cm)
Min/Max Recommended
Sealed Box Vol(liters)
Min/Max Recommended
Vented Box Vol(liters)
Price
(個)
L7820.02Ωdvc/4Ωdvc50082.428Hz-100Hz13.818.411.3-21.2418.7-28.3¥85,800
(税込)
L71025.02Ωdvc/4Ωdvc 75085.924Hz-100Hz17.523.722.65-35.435.4-63.7¥107,800
(税込)
L71230.02Ωdvc/4Ωdvc 90086.920Hz-100Hz20.028.128.32-56.6449.6-92.0¥129,800
(税込)
L71538.02Ωdvc/4Ωdvc 120088.618Hz-100Hz23.934.949.56-169.985.0-170¥162,800
(税込)